朴編籾

深編絹擬

艇輝念議了崔屬慕塁 > 翌囂 > 晩囂深編 > 深編絹擬

2017定晩囂屈雫鹸楼籾採跳袁現睨(5)

蛍蹌
栖坿利大  厚仟扮寂2017-01-13    犢慊敞 書爺僥俵

  1 ゛といっても/埋傍

  仝゛は゛でも、_かに゛だけれども/埋傍々

  1. がんばったおかげで徭蛍のビルが隔てた。ビルといっても、3A秀ての弌さいものだが。

  2. 書業、o創が秘ったら、ごちそうするよ。ごちそうといっても、寄したことはできないけどね。

  2 ゛というものだ/宸嘉寔屎頁

  仝(徭蛍の吭を1違晒して冱う)仝暴だけの吭ではない々/(旺音頁厘倖繁議心隈吭需)嘉寔屎頁々

  箭猟

  1. どうして、おさんだらって、厘蛸しなきゃならないの。鍛ばかり己やかして。これじゃ、音巷峠というものだわ。

  2. 徭蛍だけではなく、猜屬鯔爾い笋誂弔魍屬弔里、寄繁というものだ。

  3 ゛をわず/嚥涙購音砿

  仝゛にvSなく/嚥涙購音砿々

  箭猟

  1. 奨脅は4湿をわず、Q高人が謹い。

  2. 仝糾T勅鹿をみたんですが、定h崙泙呂△襪鵑任垢々仝いいえ、やる櫃気┐△譴伉襠hをいません。々

  3. 歪の雑諮寄氏は析飛槻溺をわず、Sしんでいる。

  4 からすると、からすれば/參心栖功象

  仝゛の羨では/參心栖功象々

  箭猟

  1. 暴の深え圭からすると、こういう栽はやさしく凌めるよりもむしろ、絶たく融き慧すほうがいいと房う。

  2. 弊g1違からすれば、Hはあくまで徨ともにやさしくしなければHとして払鯉だということになる。

  5 さえ、でさえ/銭封崛

  仝゛も、゛でも/銭封崛々

  箭猟

  1. もう磯定も晩云にいるというのに、ひらがなさえろくにかけない繁もいる。

  2. このことは云繁にさえしていないのだから、~にもらさないように。

  3. 枠伏でさえ蛍からない}が、僥伏に蛍かるわけがない。

  6 ゛たとたん、゛たとたんに/胡1

  仝゛た鵬g、仝びっくり々したという欒屬/屎輝議扮昨胡匯(綜繁吭覯撒)々

  箭猟

  1. 羨ち貧がったとたん、劈に爾しい祐みが恠り、咾韻覆なった。

犯壇容呪厚謹>>>>